So-net無料ブログ作成
検索選択

番外 かば祭りレポート


本当は祭りが終わってからと思ってましたが、
かば祭り初体験の興奮さめやらず、初日のご報告を。

初日の今日11月22日(木)、平日にもかかわらず長蛇の列ができるほどの大・盛・況!
オープン時間を繰り上げて対応しなければならないほどでした。

グッズ売り場もおおわらわ。
お守り、エコバック、カレンダーなどヒポミさん製のもの、
市販品のかばクッキーシール、カード、一筆箋、手ぬぐい、靴下
作家さんのかばアクセサリーやカバ口、ブランドもののカバ柄布でできたブックカバー、クッションカバー、高級ルーペなどなど、
安いものから高いものまで、飛ぶように売れていきます。
(早くも売り切れたものあり、落ち着いてから追加したものもあり!)

そんな調子で、始まって数時間は、物販に追われて汗だくでした。
やっと落ち着いた頃、しみじみ感じるのです。
ここ、なんとステキな空間なのだろう、と。

案内には「地下」とあるけれど、レンガ敷きの広い階段のスロープを下りていく途中から、そこは異世界。
ちょっとしたおとぎの国というか、いや、相当におしゃれな森の中というか。
ガラス張りの室内にたっぷり自然光が注いでいます。
大きな木の扉を開けてギャラリーに足を踏み入れると、漆喰の壁が光を吸ってぬくもっている。
ヨーロッパの部屋、アフリカの部屋、そして日本の部屋。ひとつひとつの部屋が、あたたかい。
ああ、こんなところにもカバが……

さすがに私は本の中のカバ全点を覚えてます。
でも写真のみでのお付き合いだったので、「こいつはこんなに小ちゃかったんだ」、逆に「こんなに大きかったのか!」、「色が全然ちがうー」「あなたは足がついてたのね」と、すべてのカバに感慨が。写真映りのいいカバ、実物のほうがいいカバ。それにしてもみんな素敵に飾られてる……。うーん、マンダム。

そこでA子おすすめコース
1)最初に本の中をじっくり見る
2)本を閉じてギャラリーを、外も中も、ひとまわりする
3)本を手に、実物と見比べる

居心地のいい場所なので、ぜひゆったり試してみてください。
それほど多幸感に溢れた場所ですから☆


ところで、猫好き・犬好きの人の親(?)バカぶりに苦笑した経験ってありませんか? 
カバ好きのすてきなところは、溺愛のかげんが絶妙なところ。
皆さんそれなりに熱愛してるのでしょうが、カバがその愛を大きく包み込むのでしょう、
表面に暴走的な(過剰な)愛として現れることがないのです。

だから、ヒポミさんによるサイン待ちの列もできましたが、
余裕の貫禄でお話しされていてカッコ良かったし、
かばトーク、ぜんぶ聞いていたかったなあと思うのです。

カバだけでなく、カバを愛する老若男女、それぞれの方に物語があって、それをこんなステキな空間でうかがう。
このうえなく贅沢な、いい時間でした。
このあと3日もニコニコ顔で満たされた中にいられる私、幸せだな〜




かば花.JPG

実はオープンの数時間前まで飲んでいた私、
終わるまで自らの二日酔いに気づきませんでした。
ギャラリー・アブ・オゥヴォ。
下北沢の駅から5分とは思えないほど、
喧騒を忘れさせてくれる場所なのは間違いありませんが、
いい酵素も出てるに違いありません。

写真はBearというお花屋さんにお願いした祝花。
カバが20cmほどなので、けっこう大きいです。
「こんなステキなお花、どこでやってくれるの?」と、
みんなに訊かれました〜。

ギャラリー階段下の室外もいい空間になってます。


21. かば祭り迫る!


本が発売になって数日、嬉しい感想が届いています。

・どのカバもいい!
・カバもさることながらヒポミさんの魅力がびんびん伝わってくる!
・ホロリときた……!

などなど、とにかく皆さん、ほっこりあたたまってくれているようです〜。

そうそう、カバーの装画は印刷ではなく箔(はく)を押してますので、ぜひ触って凸凹を確かめてくださいね。


そしていよいよ〈かば祭り〉が22日(木)に迫りました。

11月22日(木)〜27日(火) 12.00-19.00pm
会場:Gallery AB-OVO(ギャラリー・アブ・オウヴォ)
世田谷区北沢3-21-4 B1(下北沢駅から徒歩5分)

本の中のカバたちが勢ぞろいです。
写真の実物、私も一部見せてもらいましたが、ぜんぜんイメージが違ったりして興奮しますよ〜!
一回きりのこの機会、ぜひお見逃しなく。

さらにグッズも充実していて、p72-p85の「1年(カレンダー)」と同じ写真で作られた、2013年の卓上カレンダーはお宝ではないでしょうか。

また会場で本をお買い上げ頂くと、お買上特典で、いろいろオマケもつきます。
(すでに買ってしまったという方、本を持参してください。要相談)

そしてオマケの末席には、A子手製のミニ本が…。
このブログをまとめた煙草サイズの80ページです。
本文をDTPソフトで組むのはいつもやっていること。
しかし! 折丁(8ページずつ、16ページを両面印刷)のための面付けに頭を悩まし、切って折って製本までがまた一苦労。……というか、本当のことをいうと、まだ切って折ってのところまでしか出来上がってないのですけれども、ふだんは印刷所まかせの部分をマニファクチャー、日々内職してます。
こんな苦労も、カバのためと思えば楽しいから不思議。

というわけで、そんなに器用でもない私の、カッターとボンドによる完全手作りなため、50部が限度。もらってくれるだけで有り難いという実にお粗末なものですが、絶対にほしいという方はコメント欄から「ミニ本予約」してください。※お買上特典です。ミニ本のみの販売はいたしません。

わたくしA子も22(木)〜25(日)は、ギャラリーに張り付く予定です。

では、かば祭りでお会いしましょう!



photo.jpg


ざっくりした試作品。
豆本というには大きい、マグカップサイズ。

まだ見ぬオマケやグッズもたくさん出るとか。
手ぬぐい好きとしては手ぬぐいもマスト・バイ!

20. カバでつながる


見本ができました! A4の半分のサイズで、ヨコ長。
かば、カバ、河馬、のカバ尽くし!!! あらためて、圧巻です!!!!!


かばの本

かばの本

  • 文・写真 ヒポミ
  • 出版社 幻戯書房
  • 発売日 2012/11/09
  • 定価 1900円+税
  • (本文オールカラー120ページ)

カバたちがどうやって登場するか、ざっと構成を紹介しましょう。

ヨーロッパ エレガンス
磁器、クリスタル、置物、名作、博物画、おまけのオモチャ

アフリカ ルーツ
古代エジプト、コイン、切手、木製の置物、旅するカバ

日 本 ヴァラエティ
アーティストの作品、広告塔・オモチャ、イソジン、カバヤ、
カバヤ文庫(文=池内紀)、上野動物園の歴史(文=井内岳志)


カバの一生 乙女に見立てたカバの生涯を、アルバム風に

カバで一年 12ヶ月カレンダー

カバと毎日 暮らしの中のカバ
電気製品、バスグッズ、茶器、アクセサリー、キーホルダー、
ブローチ、ボタン、指貫、文房具、音楽、工作、モビール、絵本リスト


Hippopotame(フランス語でカバ)
「神々しい不在」(文=堀江敏幸)、フランスかば協会

年 表 かばコレクションとかば祭りの記録
かば豆知識 (文=井内岳志)



素材も大きさも出身地も年代もさまざまな約400点のカバ。
そのそれぞれに、作り手がいて、生まれた背景があります。
一つひとつに物語があると思うと、カバでつながることの不思議を感じずにはいられません。

この紐帯がなぜ、カバだったのか。

ぜひ、すべての文章とともにカバに浸ってください(といっても一時間くらいのことですから)。
その神秘に触れることになるはずです。

ああ、早く見てもらいたいー!


パリ土産の木製しおり.jpg

完成記念に、世界各地から3つを大放出

ウィリアム付箋.JPG

[<]エジプト出土の青いカバのメモパッド
(米メトロポリタン美術館)

フランスの木製しおり[>]
クリップ.jpg日本のクリップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。