So-net無料ブログ作成
検索選択

19. ザ・ブックデザイナー


雑談中のことです。

「今度ヴィジュアルがメインの、かばグッズの本を作るんです。
 若い女性デザイナーを探そうかと思っていて」

呟いた相手は、緒方修一さん。
新潮社装幀室出身で、装幀コンクールの審査員も務める大人気の装丁家です。
幻戯書房は、美しい本を作るという故・辺見のこだわりにより、
多くの本を緒方さんにお願いしてきました。

「俺、やるよ」

え?! にわかには信じられず、「何百点も写真の入る、手間のかかるものですよ」と念を押しても、
雑誌を一冊作ると思えばいいでしょ」と軽〜くおっしゃいます。

「嬉しい……緒方さんがカバに見えてきました!」

私のヒポ教への急激な傾斜ぶりをよく知るM嬢がすかさず「これ、褒め言葉ですから」と注を入れます。
「わかりにくい褒め言葉だねー」と呆れる緒方さんですが、
私の目にはもはや、どうしたってカバに映るのです。

緒方さんにお願いできて本当によかったのは、緒方さんが偉いからではありません。
というより、偉くなるには理由があって、そこが頼りになるといえばいいでしょうか。


ヒポミさんは、5000点以上のコレクションの中から章立てに合ったカバを選択し、
それを並べてみてはページの構成を練り直す、ということを繰り返してくれました。
「かば祭り」で慣れっことはいえ、紙の上での見え方はまた違います。
本には、400点近いカバが登場するのですから、とんでもなく大変な作業だったはずです。

ちなみに、あらかじめ個体ごとのナンバーがついていて、ヒポミさんがそのリストを作ってくれたことは、厖大な点数を扱う作業の上でも大助かりでした。これがまた、「hp00000」という形なものだから、五桁のナンバーを見てるだけでも愛らしいし、ナンバーが並んでいれば「同時に捕獲したのね」などと想像も膨らみます。写真+来歴+ナンバーの複合情報で、実にナラティブな本になりました。


で、大体の構成が固まると、緒方さんに見てもらいます。
我々(ヒポミ&A子)はカバの魅力を「ユーモアとエレガンスが同居する奇跡」に定めたのですが、
このコンセプトに沿った取捨選択に苦心するあまり、
本としての複合的な見せ方にまで考えが及ばないことがありました。

そんなとき、足りないものを客観的に指摘し、補ってくれたのが、
緒方修一というブックデザイナーなのです。


緒方さんともやりとりを何度も繰り返し、最後までバタバタしながら、今やっと、印刷に回っています。
目標の10月中を少しオーバーしてしまいましたが、11月10日には全国に届けられる予定です!

それぞれのページがストーリーを持って展開し、カバがいっそう輝いた、と自負しております。


天王寺動物園ピン.jpg




大阪の天王寺動物園のピン、なんとおしゃれ!
これじゃあもったいなくて台座の紙から外せません。

このカバを捕獲したリブロ池袋といえば、
15年ほど前までとにかくお世話になった本屋さん。
月日はめぐります。










18. カバという福音


夜中に酔って個人タクシーに乗った時に流れている番組という認識だった「ラジオ深夜便」を、愛聴するようになって数年。民放のテレビをうるさく感じるようになってNHK以外はあまり見なくなり、行き着いた先がラジオという、10代20代には思いもしなかった落ち着きを、年齢というのは獲得するものですね。

私には、今が、カバ適齢期だったのかもしれません。

さて少し前、「ラジオ深夜便」で島崎藤村作詞の「椰子の実」が流れました。
「 ♪ 名も知らぬ〜遠き島より流れ寄る椰子の実ひとつ」のアレです。
夜も深い、というより朝が近いその時間。
衝撃を受けるくらいに遅ーいテンポでした。
小学校で歌った時点でゆったりした曲でしたが、
昔なつかしのレコードの回転数、45回転のところを33回転でかけてしまったよう。
私の肺では「名も知らぬ」のワンフレーズさえ、きっと息継ぎなしにはもちません。

遅すぎるという違和感が薄れると、やがて快感に変わります。

「ああ、カバ時間…」


こうやって何かにつけてカバに結びつけるわりに、カバ歴の浅さもすぐ露呈します。
つまりこのブログが沈黙した2週間、
入稿作業に追われては焦る私にたいし、
ヒポミさんがカバの視座でユルめてくれる、
これを何度も繰り返してしまったのです。

カバに慣れ親しみ、かばフィルターでいろんなことを見られるようになったとき、
ヒポミさんのような大きな優しさを手に入れることができるでしょうか?!

ヒポミさんの場合、もともとの素質がカバに向かわせたのだと思うものの、
私にもいつか、カバの恵みがあらんことを! アーメン。




ミニミニかば.jpgミニかば.jpg電話の上で一年半も仕事を見守ってくれてるミニかば
体調3cm(右が全長)

おかばさまでもうすぐ色校です。

東急ハンズからやってきた時は2体でした。
汚いデスクの上で1頭が行方不明です。
社内にいることは確実なんだけどなー






17. 池内 紀さんのカバ


カバヤ。
ひとたびカバ界に足を踏み入れた人間は、
日本カバ史に刻まれたその足跡を追うことになります。

100年前の初来日当時、今のパンダ並の人気を博したというカバ。
その後パンダやコアラが登場するまでの長いあいだ、
動物園の三大スターはゾウ・カバ・キリンでした

戦後ベビーブーム世代の親子連れが動物園に殺到した時代も然りです。
GHQによる占領が終わろうという頃から、動物園に動物たちが戻ってきていました。

ちょうどその時期、カバヤは宣伝隊を組織します。
トヨタ車を改造した〈カバ車〉を12台作って(おもに西日本を)巡回したとか。
行く先々での子供たちの喜びようが目に浮かびますね。

そしてヒポミさんが復刻カバ車などのコレクションとともに本の中で詳述してますが、
忘れてはならない最大の功績が、カバヤ文庫なのです。

敗戦後の貧しい時代、カバヤは子供たちに大人気だったキャラメルの景品を、
心憎いことに、名作文庫にしました。

かつての少年少女にとってそれがどんなに大きい存在だったか、
なんと、池内 紀さんが書いてくれました!

直筆原稿でそのカバヤ文庫物語を初めて読んだとき、涙ながらに思いました。

「今の池内さんがあるのはカバ(ヤ文庫)のおかげなのだな……」

大尊敬する方にむかってこんなことを言うのも失礼なようですが、
そう言っても許してもらえそうな大切な思い出を、分けていただきました。

二回目に読むときには、池内さんが「カバさん」と敬称で呼ぶ理由がわかるはずです。


池内 紀さんは故・辺見じゅんが、ほとんど愛するように慕っていた方。
私は心の中で〈カバのプリンス〉と呼んでいます。
威厳あるやさしさ、山男らしい逞しい胸板。
この称号がふさわしい人物は、ちょっとやそっとじゃ見つかりません。



17「日本カバ物語」カバ車.jpg
カバヤに言及したページ(写真はカバ車)

戦時中、動物園のカバはほとんどが、
餓死あるいは処分された。
カバヤのホームページによれば、
実物の見本がない中でのカバ車づくりだった
そのわりにヒゲの毛穴もリアルでお見事!

いろんな写真が残っているけれど、
手作りなだけに顔がぜんぶ違う。
大量生産時代を生きる者には、
格別にありがたく思えますね。


16. 二大企業


習慣というのはおそろしいもので、そこが誰もいない家であろうと、
帰り着いた時には「ただいま〜」と言ってしまうものです。

恥というのはさらに根深いもので、それが独り言であることの照れ隠しに、
「ただいま…… ♪ のあとは、ガラガラチンチン、ガラガラ、イソチンチン ♪ 」
と歌ってしまうものです。

不思議なことに、独り言とはちがって独り歌(=鼻歌)には恥ずかしさが伴いません。
あ、また歌っちゃったと苦笑しておしまい。毎日の、ただいまの儀式です。

もちろん正しくはチンチンではなく「ジンジン」。
キャラクターのかばくんとともに印象深いこの歌は、
コマソン(コマーシャルソング)界の大作詞家・伊藤アキラ先生による、
イソジンうがい薬(明治製菓)のCMソングであります。

やはり伊藤大先生による石丸電気やかっぱえびせん(カルビー)や青雲と同様、
生まれた時から流れていたとしか思えないほどメロディが脳内に浸透しているわけですが、
調べてみればイソジンの発売は1983年(私の生まれは1973年)。
発売と同時にCMを流し始めたとして、10歳からの刷り込みでここまで血肉化するものでしょうか。

そう、潜在的カバ派だった証拠がここにも出てきました。
CMソングがズバ抜けて秀逸だったことは疑いようもありませんが、
かばくんとの取り合わせの妙もあったに違いないのです。
もし、うがい担当のキャラがキリンだったら……
イソジンが今日まで存続できたかどうか、誰にも断言できないでしょう。

この歌を口ずさんだ経験のあるあなたはカバ度が高いといえます。
いつでもカバ界へ、どうぞ。

それにしてもこのイソジンかばくん、ヒポミさんの元にも当然いろんなヴァージョンが集まってますが、
さすが日本で最も有名なカバの一つだけあって、ユーモアと品性のブレンドが見事です。



そして二大企業のもう一翼を担うのが、岡山のお菓子メーカー、その名もカバヤ

実はカバヤのこと、ジューCがおぼろげに記憶の片隅にある程度で、よく知りませんでした。
私より少し上の世代にはどうやらおなじみで、
また同世代でも箱根の向こうでの認知度は高いようです。(つづく)






イソジン展開図.jpgイソジン体調8cm.jpeg
ヒポミさんからもらった、
イソジンかばくんのペーパークラフト 
(展開図はA4、完成時の体長8cm)

子供の頃、弟の分も奪ってやってしまうほど、
「学習」や「科学」のおまけ工作が大好きだったA子。
しかしこれは難易度が高かった……。
小さいヒダを寄せて寄せて、寄せて寄せて、やっと立体に。

苦労の甲斐あって、下から見上げる姿は愛らしかったなあ!
(翌日、ノリが剝離してしまったので過去形です)




15. 上野動物園ふたたび


20年ぶりの訪問から二週間も経たない頃、また上野動物園に出掛けました。

本にはヒポミさんのコレクションからは独立した読み物のページが入ります。
ウンチクなど博物学的分野はプロの力を借りようということで、
教育普及課の主任学芸員、井内岳志さんに執筆のお願いに行ったのです。

この日、園は地震の影響による休園中。裏口から入れてもらいます。
動物の世話は年中無休ですから、多くの人が作業着で働いていました。

ザ・文系の我々にとって理系の人というのはめったに会う機会のない、いわば珍人種です。
園内の事務所で対面した井内さんの理系キャラに、私の目はクギづけになりました。
しゃべってる間はニコニコ、で、話を終えた途端、スイッチを切ったように無表情になるのです。
小一時間も機械仕掛けの人形のような話芸を堪能しているうち、あやうく惚れそうになります。
なんとか踏みとどまって、ウンチクの他、上野動物園のカバ史についても書いてもらうことにしました。

打ち合わせの後、井内さんが園内を案内してくれます。(解説付き!)
貸し切りです。天皇家でもない限りあり得ない、一生自慢のタネにできる稀有な体験です。
……ちょうどこのころ、本来なら来日したてのパンダが公開されているはずでした。


さて動物園といえば、子供たち。

ヒポミショック以前のわたくし同様、たいていの人はカバと関係なく日々を過ごしているので、
こちらが「カバ」と口にした時、不意を突かれたような顔になります。
一方、子供たちが大人のようにポカンとすることはありません。
「ああ、カバね」と、万端の受け入れ態勢が整っています。

というのも、赤ちゃんが浴びる名詞シャワーは、そのほとんどが果物と色と動物。
小さければ小さいほど、脳みその中で動物が占める割合は大きいことになります。
だからカバなんて、子供らにとってはほとんど隣のおじさんみたいなものなのです。
その証拠に、小さい子はヴィヴィッドな原色が好きというけれど、
「カバって色が地味でつまんなーい」などと不平を並べる幼児は皆無です。

ちなみに小学生以下の子どもは必ず好きな色を訊いてくるので、
子供と話しなれていない人は、万一に備えて答えを用意しておいたほうがよいでしょう。
あるいは好きな動物を訊かれたら即座に「カバ」と答えて、子供たちの反応を確かめてみましょう。

この好き嫌いの構図、子供ならではの単純な話法のようでいて、大人の会話も大差ありません。
仕事がらみで言えば、好きな作家・映画・音楽などは年に何度かは必ず話題になりますからね。

ところで子供たちが言葉を獲得する過程というのは実に愉快。
「上野動物園に行ってきたんだ〜」と自慢したつもりが、
「ふーん。下の動物園は?」
なんてビックリ発言が返ってくるんですから。


マンスリーどうぶつえん.jpg

上野動物園発行の「マンスリーどうぶつえん」

2011年3月号は来日100年を記念したカバ特集で、
右の見開きは「上野のカバ アーカイブ」のページ

居並ぶ歴代のカバを見るにつけ、
個体としてのフォトジェニックぶりに、
改めて感動させられます。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。